毛糸玉ラピッドファイア

ゲームをしながら編み物をするブログ

手編み完成品 westbourne[Ravelry]

随分前に完成してましたが、記事を書くのを忘れてました…(~_~;)

人生初のセータープロジェクトはwestbourne。
それまでは小物しか作ったことがなかった。セーターは使用する糸の量が多いし、パーツごとに編んでから縫い合わせるという工程が面倒だな、と思っていたからなんとなく避けてました。

しかしwestbourneはトップダウン。襟の部分からぐるぐる編んで行くだけなので、編んでる途中でも完成がイメージしやすく、糸綴じも少なくて済むので比較的取り掛かりやすい。

パターンの指定糸はシルクだけど、個人的にコットン糸が好きなので今回使った糸はコットン。横田株式会社さんの「ソフトコットン」です。毛糸みたいにチクチクしないし、しっとりした手触りと落ち着いた色がいい感じ。

指定糸より太い(5plyくらい)なので針は細めのUS3号にしてぴったり。

無難に白とネイビーの配色にしたものの、あまりに普通すぎてワンポイントに黄色を入れた。これはちょっとお気に入り。
せっかくの手編みなので、市販品にはないことをやりたいと思ってしまう。

サイズはXSでちょうど。 最初Sで編み始めたら、肩ができたあたりでどう考えても大きいことに気づいて全部解くことに…。それ以外にも、肩部分はドイツ式引き返し編みで目を増やして行くところが、左右で目の数が合わなくなってきたりで何度かやり直しに。
結局一段ごとに目数をメモしながらやってなんとか進んだ。肩が終わればあとはぐるぐる編んで行くだけなんだけど、肩部分が最初で最難関なのであった。

ふんわりコットンなので着心地は最高。 夏っぽいカラーだけど、結構厚みがあるので春秋くらいに着るのがちょうどいい感じ。

初めての手編みニットを完成させた感想は、「案外できるじゃん!」です。 まぁまだメリヤス編みだけのシンプルなプルしかできてないけれど、ちょっと自信がついたのは収穫だった。今後編みたいのはボタン付きのカーディガンと模様編みのセーター。でも実は次のプロジェクトもメリヤス砂漠のプルの予定です( ・ω・)